*

Debian wheezyでのMTU設定

投稿日:2013/09/03 最終更新日:2013/10/03

MTUの基準値はデフォルトで1500になっている。
現在の環境ではMTUが1454なため、MTUを変更しておく必要があった。

単純に変更するだけであれば以下のとおりにすれば良い。

# ifconfig eth0 mtu 1454

ただこれだと再起動ごとに入力が必要になる。

 

そこで起動時に自動的にMTUが1454になるように設定する必要がある。
/etc/network/if-up.d/ に mtu というファイルを作って起動時に実行させてやればよい。

# vi /etc/network/if-up.d/mtu

中身は次のとおり。

#!/bin/sh
ifconfig eth0 mtu 1454

で、この状態だと実行権限が無いので

# chmod 755 /etc/network/if-up.d/mtu

これでよい。

 

再起動後にifconfigを実行して指定したとおりのMTUになっていれば問題なし。

最初は /etc/network/interfaces でMTUを指定しようとしていたのだけどダメだった。
Bcastの値を 192.168.10.255 と間違いなく指定したのに、Bcast:192.168.0.255 になって謎だった。

調べてないけど古いのかな。
ともあれこの方法がベターだと思う。

 

Debianやネットワークのオススメ書籍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 1 follow us in feedly

カテゴリ メモ
タグ , , , ,

関連記事

no image

httpingが不親切でちょっとハマった

httping というHTTPサーバのレイテンシやスループットを計測す...

記事を読む

no image

MuninでApacheのデータが取得できないとき

LWP::UserAgent not found at /etc/mu...

記事を読む

no image

Debian wheezy で Muninを設定をする + 403エラーの解決方法

サーバトラフィックを画像出力するために Munin をインストールした...

記事を読む

新着記事

no image

【WordPress】WP Super Cacheで設定時に500エラーが出るときの対処法

WordPressのページキャッシュ用にWP Super Cacheと...

記事を読む

【Debian】mysqlのスロークエリログを取得する手順

VPSにWordPressをインストールしていると、キャッシュプラグイ...

記事を読む

no image

MIFES10でUWSCの予約語・キーワードを明示する

最近エディタにはMIFES10を利用しているが、UWSCの利用頻度が上...

記事を読む

no image

WordPressでメニューが文字化けする

WordPressでメニューを編集した際、保存を押すと文字化けが起きた...

記事を読む

no image

WEBサイトキャプチャーツール「CrenaHtml2jpg」が便利

WEBサイトのキャプチャを作成したい事は多々ある。 これまでは He...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

no image
【WordPress】WP Super Cacheで設定時に500エラーが出るときの対処法

WordPressのページキャッシュ用にWP Super Cacheと...

【Debian】mysqlのスロークエリログを取得する手順

VPSにWordPressをインストールしていると、キャッシュプラグイ...

no image
MIFES10でUWSCの予約語・キーワードを明示する

最近エディタにはMIFES10を利用しているが、UWSCの利用頻度が上...

no image
WordPressでメニューが文字化けする

WordPressでメニューを編集した際、保存を押すと文字化けが起きた...

no image
WEBサイトキャプチャーツール「CrenaHtml2jpg」が便利

WEBサイトのキャプチャを作成したい事は多々ある。 これまでは He...

→もっと見る

PAGE TOP ↑