*

超静音で防水!丸めて持ち運びも出来るシリコンキーボードの使用感

投稿日:2013/12/14 最終更新日:2013/12/14

深夜の打鍵音が少し気になる。
一人だったら良いけど、同居人がいる場合など、音が相手にストレスを与えている可能性自体が自分のストレスになったりする。
そして数ヶ月に1回はコーヒーをこぼしてしまう。

そういった幾つかの問題を解決するために、今回初めてシリコンキーボードを購入したので、その使用感を書いてみたい。

さらに、2つほど使い勝手の良いものを紹介している。
基本的に値段も安いものなので、興味がある人は試してみて欲しい。

シリコンキーボード 400-SKB013BK
(USBメモリは厚さ比較)

 

シリコンキーボードのメリットとデメリット

使用してみてやはりメリット・デメリットを感じた。
思いついたものをざっと書いていく。

メリット

  1. 打鍵音が静か
  2. 防水なので水洗いできるし、飲み物をこぼしても大丈夫
  3. 丸めて持ち運ぶことが出来る
  4. 手ごろな値段
  5. Bluetooth対応品多数

 

デメリット

  1. キーが重い(打鍵に重みを感じる 軽快さで劣る)
  2. ある程度平らな場所に置く必要がある

 

まずメリットに関して。

(静音キーボードが目的の場合だと)一番気になる打鍵音は、実際のところほぼ無いと言ってもいい。
もちろんキーを押し込んではいるので全くの無音ではないものの、発生する音が「カチャカチャ」といった高い音では無いため、例え真横で自分が寝ていたとしても不快になることは無いと思う。
それくらい驚きの静かさだった。

防水機能に関しては、ためしに丸ごと水洗いしてみたけど、当然ではあるけれど何も問題なし。
よく飲み物をこぼしてしまう人や、小さい子供が居る家などでは実によさそう。
汚れや菌などが溜まりやすいキーボードもこれなら簡単に清潔に保つことが出来る。
きれい好きにもオススメ。

その他のメリットに関しては、ぐにゃぐにゃなので丸めてかばんに放り込める点や、Bluetooth対応品も多い点、これだけのメリットがあっても安いもので1500円~4000円くらいで買える点が挙げられる。

 

デメリットに関して。

キーが重いというのは、キーボードそのものの重量の話ではなく、キーを押し込むのに一般的なキーボードより力を使うという意味。
今もこの記事を後で紹介する 400-SKB013BK で何も問題なく作っているから結局は慣れと言えるけど、この打鍵の重さ、違和感に慣れるのには少々の時間を要した。

特に同じキーを2回連続で押す場合が中々慣れず、一般的なキーボードと違い跳ね返ってくる感覚が乏しいし音で判別できないので最初は中々打てなかった。
慣れないから間違えるんだけど、間違えたのを修正するのにBackSpaceを連打するので消しすぎたりとか。

 

もう1点に関しては、キーボードを置くための平面のスペースが必要ということ。
例えば自分はパソコンデスクのキーボードを置く部分にきちっとキーボードを置かない。
キーボード用の板をあまり引き出さず、キーボード自体が半分近く手前にはみ出したような状態で使うのが一番使い勝手が良かった。

ただシリコンキーボードはやわらかいために、半分手前にはみ出すと半分垂れてしまう。
キーボードを傾けて利用する人も同様の理由で工夫する必要がある。

 

オススメのシリコンキーボード

メリットは書いてのとおり、デメリットは慣れで解決できるところではあるものの、個人の嗜好に大きく依存すると思う。
そもそも慣れるのがメンドクサイ!というのも大きな要素の1つ。

ただし、そもそもの値段が高くは無いので、興味があれば買ってみても良いと思う。
メリットのどれかがキーボード選びの絶対条件の場合は即買いで間違いない。

ここでは実際に使ってみて値段も込みで良かったものを2つ紹介したい。
複数の意見が確認したい場合は、Amazonのレビューも重ねてみると良い。

 

サンワダイレクト 400-SKB013BK

今メインで使っているのがこのキーボード。
音は静かで丸ごと水洗い可能。持ち運びも楽で何と言っても安い。

購入してパッケージを開封したら刺すだけですぐ使える。
USBのケーブルは細く邪魔になりづらいし、巻き取り式でケーブル長が調節できる点は実に良い。
思ったより小さく(ネガティブな意味ではなく)、高さも無いので少し使えるスペースが広くなったのが好印象。

ただしBluetoothは使えない点には注意が必要。
普通にUSB接続して使うキーボードになる。

常用もしくは深夜用のキーボードとして十分に利用できるし、シリコンキーボードを試してみるだけで買っても良い値段。
色は白と黒から選べる。

 

BESTEK BTBK6116

こちらはスマートフォンと持ち運び用に使用。
Bluetooth機能があるので対応したパソコン・携帯・タブレットなどで使用可能。

こちらのキーボードも防水で軽い水洗いなどは問題なし。
さらに400-SKB013BKと比較するとさらに薄くて軽い。打鍵も個人的にはこちらのほうが軽快。
こちらもUSBケーブルは巻き取り式。

ただ問題点としてCAPSLOCK LEDがない点と、iPad・iPhonesの為に設計された為にその他の機種では一部HOTKEYが利用できない点がある。
iPhoneやiPadの入力をキーボードで行いたい、更に持ち運びたいのであれば問答無用でこちら。

しかしAmazonのレビューではこのキーボードが圧倒的に人気。
値段も400-SKB013BKとさほど変わらないので、PC常用としても後々のBluetooth使用を考えたらこちらの方が良いかもしれない。
超オススメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 1 follow us in feedly

関連記事

目の負担を軽減するブルーライトカットメガネの使用感

J!NS PC のコマーシャルで最近よく見かけるようになったブルーライ...

記事を読む

新着記事

no image

【WordPress】WP Super Cacheで設定時に500エラーが出るときの対処法

WordPressのページキャッシュ用にWP Super Cacheと...

記事を読む

【Debian】mysqlのスロークエリログを取得する手順

VPSにWordPressをインストールしていると、キャッシュプラグイ...

記事を読む

no image

MIFES10でUWSCの予約語・キーワードを明示する

最近エディタにはMIFES10を利用しているが、UWSCの利用頻度が上...

記事を読む

no image

WordPressでメニューが文字化けする

WordPressでメニューを編集した際、保存を押すと文字化けが起きた...

記事を読む

no image

WEBサイトキャプチャーツール「CrenaHtml2jpg」が便利

WEBサイトのキャプチャを作成したい事は多々ある。 これまでは He...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

no image
【WordPress】WP Super Cacheで設定時に500エラーが出るときの対処法

WordPressのページキャッシュ用にWP Super Cacheと...

【Debian】mysqlのスロークエリログを取得する手順

VPSにWordPressをインストールしていると、キャッシュプラグイ...

no image
MIFES10でUWSCの予約語・キーワードを明示する

最近エディタにはMIFES10を利用しているが、UWSCの利用頻度が上...

no image
WordPressでメニューが文字化けする

WordPressでメニューを編集した際、保存を押すと文字化けが起きた...

no image
WEBサイトキャプチャーツール「CrenaHtml2jpg」が便利

WEBサイトのキャプチャを作成したい事は多々ある。 これまでは He...

→もっと見る

PAGE TOP ↑