*

WILLCOM WX09Kの着うた作成 mp3の着信音設定

投稿日:2013/09/20 最終更新日:2013/10/03

とりあえずの連絡目的で持っていたWILLCOMのHoneyBee3が不調だった。
急に再起動したと思ったら、丁寧にフォルダ分けされていた受信メールの設定が銀河の彼方までふっとんでおり、約700件ほどあったメールが、ご丁寧な事に”未読”で初期の受信フォルダに固まっていた。

さすがにこれを仕分けするのは骨が折れる。
というか、急に再起動されてその度どこかおかしくなられては困る。

WILLCOMのサポートコインサービスが終了し、暫くの後にポイントが消える事を知っていたので、またタイミングよくWILLCOMショップに行く事があったので機種変更する事に。

 

色々機種を眺めていると、京セラのスマートフォン「DIGNO DUAL 2」などがやや気になったものの、月にすると約4000円値上がるために却下。

そもそもまだまだスマートフォンに敗北したくない。
消え去るその日までガラケーがいい。

 

で、そのガラケーの中から色々見ていたんだけど、よく落とすので折りたたみ式が欲しいとなると選択肢は3つ位に。

WILLCOMの折りたたみ携帯では、新しい機種が発売されても内部的には殆ど変わらないみたいで、結局一番新しいWX09K(ベリーピンク)を選択した。

どうやらmp3が再生できて着信音に設定できるらしい。
早速試したけど、WILLCOMの携帯電話をそんなにつついた事もなければ、MicroSDを携帯電話に刺した事も無いので少しだけ迷った。

もう当分つつかないだろうから、忘れないようにメモしておきたい。

 

利用できるmp3について

テストとして5MB以内のmp3とファイルサイズの大きなmp3も転送してみたけど、約7.2MBのmp3は再生できず。

再生できたのは約2.7MBの方のmp3で、多分単純にサイズ制限があるのだと思う。
そこで色々放り込んで試してみた。

12MB 320kbps
(MPEG1.0 Layer3 320kb/s 44100Hz J-Stereo 12120frames 5:16 12MB 日本語半角スペース数字が混ざったファイル名)
7.2MB 320kbps ×
(MPEG1.0 Layer3 320kb/s 44100Hz J-Stereo 6898frames 3:00 7.20MB 日本語半角スペース数字が混ざったファイル名)
7.03MB 320kbps ×
6.7MB 320kbps ○
6.6MB 320kbps ○
6,2MB 320kbps ○
5.9MB 192kbps ○
4.5MB 320kbps ○

結論:よくわからない

フルでも全く問題なく再生できるが、結局は本体のデータフォルダに保存しないといけないので、サイズと音質の兼ね合いを考え、必要な部分だけ切り取って128kbps~192kbps位でエンコードする事を推奨する。

日本語ファイル名などは全く問題ない。
フォルダを作ってその中に入れても認識しないので、DATAフォルダ内にぶわーっと入れる事になる。

バラつきのあるmp3を利用していたし、サッパリ判らないのでまたいずれ検証します。

 

ファイルの転送方法について

自宅サーバをはじめ、色々好き勝手使えるウェブサーバを持っているので、そこに一時的にアップロードしてWX09K側に持っていけばいいと思ったけど、どうやらそれは出来ないみたいだった。

ブラウザ側の仕様なのか、最終的に再生・着信音登録できたmp3でも保存は出来なかった。
従来のWILLCOMの似非着うたのように、.mfmのファイル名だけ.midiに変えて・・・みたいな感じでイケないかとも思ったけど、中身がmp3のmidiは流石にダメだった。
(従来通り中身がmfmのmidiはウェブから保存できて着信音設定できる)

なので一般的なMicroSDを使った方法でWX09K側に持ってきてやる事になる。

 

MicroSDにファイルを移動させる下準備として、必ずWX09K側でMicroSDをフォーマットしてやる必要がある。

数年前まで別の用途に使っていたMicroSDをWindows側でフォーマットしても流石に読まなかった。
MicroSDは本体背面の電池カバーを外し、電池パックを外さないと入らない。
必ず電源を完全に切ってからやる事。

SDカードを認識したらデータフォルダの一番下、MicroSDの所からフォーマットできる。

 

フォーマットが完了したMicroSDに音楽データを入れる際、PC側でカードリーダ等を用いてMicroSDを読み込み、\PRIVATE\KYOCERA\DATA に入れてやる事でmp3を認識できた。
(それっぽい所に入れただけなので他は試していない)

WX09K側でフォーマットした後のディレクトリ構成について、取り扱い説明書の目次をサラっと読んでもそれっぽい所が無かったのでここは少し迷った。

mp3の読める範囲とかそういうのも恐らく書いてないので、もっと分厚くても良いからキッチリ書いて欲しかったのが少し残念。

 

\PRIVATE\KYOCERA\DATA にmp3を入れた後、再びWX09K側にMicroSDを差し込む。
WX09Kのデータフォルダ>MicroSDにmp3があれば、そのままテスト再生してみて音が流れるようであれば問題なし。

mp3が表示されて無い場合、そもそも\PRIVATE\KYOCERA\DATA に間違いなく書き込んだのかをチェックしよう。
問題があるとしたら概ねそれが原因のはずで、仮に間違いないのに表示されない場合は、ファイルサイズが大きすぎるとか、ファイル名に特殊なものが入っているとか、二重拡張子であるとか、そういった可能性もあるかもしれない。

mp3が表示されているも再生できない場合の原因は今のところ判らない。
判り次第追記したいと思う。あるいは誰かコメントで教えてください・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 1 follow us in feedly

カテゴリ WX09K
タグ , , ,

関連記事

新着記事

no image

【WordPress】WP Super Cacheで設定時に500エラーが出るときの対処法

WordPressのページキャッシュ用にWP Super Cacheと...

記事を読む

【Debian】mysqlのスロークエリログを取得する手順

VPSにWordPressをインストールしていると、キャッシュプラグイ...

記事を読む

no image

MIFES10でUWSCの予約語・キーワードを明示する

最近エディタにはMIFES10を利用しているが、UWSCの利用頻度が上...

記事を読む

no image

WordPressでメニューが文字化けする

WordPressでメニューを編集した際、保存を押すと文字化けが起きた...

記事を読む

no image

WEBサイトキャプチャーツール「CrenaHtml2jpg」が便利

WEBサイトのキャプチャを作成したい事は多々ある。 これまでは He...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

no image
【WordPress】WP Super Cacheで設定時に500エラーが出るときの対処法

WordPressのページキャッシュ用にWP Super Cacheと...

【Debian】mysqlのスロークエリログを取得する手順

VPSにWordPressをインストールしていると、キャッシュプラグイ...

no image
MIFES10でUWSCの予約語・キーワードを明示する

最近エディタにはMIFES10を利用しているが、UWSCの利用頻度が上...

no image
WordPressでメニューが文字化けする

WordPressでメニューを編集した際、保存を押すと文字化けが起きた...

no image
WEBサイトキャプチャーツール「CrenaHtml2jpg」が便利

WEBサイトのキャプチャを作成したい事は多々ある。 これまでは He...

→もっと見る

PAGE TOP ↑