*

MIFES10でUWSCの予約語・キーワードを明示する

投稿日:2016/01/06 最終更新日:2016/01/06

最近エディタにはMIFES10を利用しているが、UWSCの利用頻度が上がってuwsファイルを編集することが増えた。
mifesでは当然とも言うべきかUWSCを想定していないので、関数や定数などを色わけするための定義ファイルを作成したので公開する。

 

設定方法

UWSC.INI を設定ファイルが入ったフォルダに設置するだけで .uws ファイルを開いた際にUWSCモードとなる。
デフォルトの設置場所は以下。

C:\Users\Public\Documents\MEGASOFT\MIFES10

ダウンロード

ダウンロードは以下。
一切の責任を負わない。

Download

 

色や対象キーワードを変更したい場合

色の設定は MIFES10 を起動して 「設定」→「環境設定」→「カラー」タブから行う。

キーワード設定は MIFES10 で uws ファイルを開くか 「設定」→「言語の切り替え」でUWSCモードに移行して行う。
「設定」→「言語の環境設定」と移動し、「キーワード明示」タブでいらないものを消すか、もしくは増やすとよい。

 

マクロ関連でオススメの書籍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 1 follow us in feedly

関連記事

新着記事

no image

【WordPress】WP Super Cacheで設定時に500エラーが出るときの対処法

WordPressのページキャッシュ用にWP Super Cacheと...

記事を読む

【Debian】mysqlのスロークエリログを取得する手順

VPSにWordPressをインストールしていると、キャッシュプラグイ...

記事を読む

no image

WordPressでメニューが文字化けする

WordPressでメニューを編集した際、保存を押すと文字化けが起きた...

記事を読む

no image

WEBサイトキャプチャーツール「CrenaHtml2jpg」が便利

WEBサイトのキャプチャを作成したい事は多々ある。 これまでは He...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

no image
【WordPress】WP Super Cacheで設定時に500エラーが出るときの対処法

WordPressのページキャッシュ用にWP Super Cacheと...

【Debian】mysqlのスロークエリログを取得する手順

VPSにWordPressをインストールしていると、キャッシュプラグイ...

no image
MIFES10でUWSCの予約語・キーワードを明示する

最近エディタにはMIFES10を利用しているが、UWSCの利用頻度が上...

no image
WordPressでメニューが文字化けする

WordPressでメニューを編集した際、保存を押すと文字化けが起きた...

no image
WEBサイトキャプチャーツール「CrenaHtml2jpg」が便利

WEBサイトのキャプチャを作成したい事は多々ある。 これまでは He...

→もっと見る

PAGE TOP ↑