*

複数人管理のサイトでそれぞれの広告コードを貼る(Googleアドセンス)

投稿日:2015/01/11 最終更新日:2015/01/14

Web上の身内と数人でブログを更新していきたいと思うことがある。
普段Skypeなどで有益な会話をする事があってもそこだけで終わっては勿体無いし、みんなブログやりたいけど一人ではネタがな・・・と思ったり。

今回は実際にそういうことになって、ささっとまた1つブログを作った。
そこでふと思ったのが「GoogleAdSenseってどうなるの?」って事。

可能であれば、記事を書いた人が自分の広告コードを貼れる方が良い。
今回は、こういった複数人管理のサイト(ブログ)で広告コードを持ち寄り運営する際の注意点などをメモしておく。

 

GoogleAdSenseのポリシー上OKなのか

まずそもそも1サイトに複数アカウントの広告コードがあって良いのか?という問題。

この記事を書いている2015年1月11日現在、AdSenseヘルプの広告の配置に関するポリシーページに答えが載っている。

広告の配置に関するポリシー から引用

サイトが AdSense のプログラム ポリシーに準拠しており、そのサイトの運営会社やオーナーから広告の掲載許可を得ている場合は、他のサイト運営者様と同じページに広告コードを配置できます。ただし、必ず事前にそのサイトのホスティング会社かオーナーに連絡し、サイトでの広告掲載の許可を取ってください。また、サイト運営者様の収益の対象は、所有するアカウントに関連付けられた広告ユニットに対するクリックと表示に限られます。

つまり、サイトの運営側に許可を取れば広告コードを持ち寄って1つのサイトを運営すること自体は全く問題ない事が判る。

 

複数人の広告コードを張るリスク

複数人の広告コードを貼る事にはリスクが付き纏う。
例えば、サイトや記事のどこかにポリシー違反があった場合速やかに修正し申告する必要があるけど、完全に記事の担当者に任せているとこれが遅れてしまう可能性があるし、ポリシーを理解せずに書かれた記事のせいで、全員が迷惑を被る事は十分ありえる。

なので、誰か一人がサイト全体の管理を担い、絶対的な権限を持つことにするのが良いと思う。
WordPressなどでアカウントをいっぱい発行して各々好きにやって貰う感じでは、その全員がポリシーを理解していないと難しい。

 

ポリシー違反があった場合

仮にどこかにポリシー違反があった場合どうなるか。
AdSenseヘルプの広告の配置に関するポリシーページにはこのように書かれている。

広告の配置に関するポリシー から引用

1 つのページに配置できるのは、広告ユニットが 3 つ、リンクユニットが 3 つ、検索ボックスが 2 つまでです。また、広告コードを配置したサイトのコンテンツについては、各サイト運営者様の責任となりますのでご注意ください。サイトが AdSense のポリシーに違反していることが発覚した場合、Google は、そのサイトに広告コードを配置しているすべてのサイト運営者様に連絡いたします。

もしもポリシー違反が発覚した場合、広告コードを配置している全員にメール連絡が来ることになる。
該当ページの担当が何かの事情で居ない事も考えると、大変有難いシステムだと思う。

管理担当は記事の投稿前に確認し、問題点があれば直して投稿する。
万が一予期しない問題が発生した場合でも、管理担当がちゃんとメールをチェックしていることで一大事は避けられそうだ。

メールが来たら速やかに修正して申告をしよう。

 

広告コードの自働振り分け(追記)

2015年1月14日追記。

投稿者によって広告コードを自動的に振り分けるphpスクリプト。
【WordPress】投稿者によって広告コードを振り分ける

 

WordPressの良き本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 1 follow us in feedly

関連記事

iptablesでDROP

GoogleAdSenseのレポートに知らないURLが出た場合の対応と2chleak.net(2chleak.com)の弾き方

GoogleAdSenseは設置こそしているものの普段から放置状態にあ...

記事を読む

新着記事

no image

【WordPress】WP Super Cacheで設定時に500エラーが出るときの対処法

WordPressのページキャッシュ用にWP Super Cacheと...

記事を読む

【Debian】mysqlのスロークエリログを取得する手順

VPSにWordPressをインストールしていると、キャッシュプラグイ...

記事を読む

no image

MIFES10でUWSCの予約語・キーワードを明示する

最近エディタにはMIFES10を利用しているが、UWSCの利用頻度が上...

記事を読む

no image

WordPressでメニューが文字化けする

WordPressでメニューを編集した際、保存を押すと文字化けが起きた...

記事を読む

no image

WEBサイトキャプチャーツール「CrenaHtml2jpg」が便利

WEBサイトのキャプチャを作成したい事は多々ある。 これまでは He...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

no image
【WordPress】WP Super Cacheで設定時に500エラーが出るときの対処法

WordPressのページキャッシュ用にWP Super Cacheと...

【Debian】mysqlのスロークエリログを取得する手順

VPSにWordPressをインストールしていると、キャッシュプラグイ...

no image
MIFES10でUWSCの予約語・キーワードを明示する

最近エディタにはMIFES10を利用しているが、UWSCの利用頻度が上...

no image
WordPressでメニューが文字化けする

WordPressでメニューを編集した際、保存を押すと文字化けが起きた...

no image
WEBサイトキャプチャーツール「CrenaHtml2jpg」が便利

WEBサイトのキャプチャを作成したい事は多々ある。 これまでは He...

→もっと見る

PAGE TOP ↑