*

WordPressのXML Sitemap Generator プラグインで時間がずれる問題と修正

投稿日:2013/10/06 最終更新日:2013/11/11

WordPressで作られたサイトで XML Sitemap を作るなら、現在は「XML Sitemap Generator for WordPress」が主流だと思う。
特に利用に難しい所はないプラグインではあるけど、設置を終えてとりあえずSitemap生成を行った際に、「あなたのサイトマップが最後に構築されたのは○○○○年○○月○○日 ○○:○○です」といった表示の時間が思いっきりずれていた。
普通に考えてdate関数だと思う。

ずれている時間は9時間。
9時間だと流石にピンときた。どこかの設定がUTC時間になっている。

 

ずれの原因を探る

まずやってみたのはシステムの時間を確認する事。
ただ、Debian Wheezy を入れてすぐ、ntp を突っ込んであるので考え辛い。

$ date

ちゃんと正常に時間は表示された。

 

次の確認は実際にdate関数を使って、時間を表示してみる方法。

<? echo date("\'y.m.d h:i:s"); ?>

ここで時間がずれた。
調べてみると、今の php では(変わったのは結構前) php.ini に、デフォルトのタイムゾーンを設定する項目があるそうな。

 

ということで。
Debian Wheezy の Apache2 + php5 環境では、/etc/php5/apache2/php.ini なのでそちらを変更する。
(何行目かは覚えてないけど、「date.timezone」で検索かければ良し)

# vi /etc/php5/apache2/php.ini

;date.timezone = 
date.timezone = "Asia/Tokyo"

こちらの環境ではダブルクォーテーションはありでも無しでもエラーはなかったが、無しの場合エラーが出る環境の人も居るらしい。
一応つけておけばいいと思う。

で、再度読ませてから確認。

$ php -i | grep timezone
Default timezone => Asia/Tokyo
date.timezone => no value => no value

あ、あれ・・・?
何度見ても間違ってないんだけど、いったいどういうことかしら。

phpinfo(); で確認する。
そうすると何故か Asia/Tokyo になっている。

よくわからないけど、寝てないし何かポカしたんだろう。
きっとこれで直ってるは直ってるんだろう。
意気揚々と時間を確認する。直ってない。

 

WordPress側にある default_timezone 設定

php.iniの設定も半分夢の中では怪しかったが原因はそこじゃない感覚はギリギリあった。
そうなるともう、プラグインかWordPressそのものしかありえない。

で、眠い目を擦りながら色々探していると、wp-settings.php に default_timezone の設定があることがわかった。
コレは盲点だった。

wp-settings.php を開いて date_default_timezone_set(‘UTC’); をコメントアウト。

$ vi wp-settings.php

//date_default_timezone_set('UTC');

 
直った・・・!

 

WPとPHPの良い感じの本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 1 follow us in feedly

関連記事

no image

【WordPress】WP Super Cacheで設定時に500エラーが出るときの対処法

WordPressのページキャッシュ用にWP Super Cacheと...

記事を読む

no image

WordPressでメニューが文字化けする

WordPressでメニューを編集した際、保存を押すと文字化けが起きた...

記事を読む

no image

WordPressのパーマリンク設定で403が出たときの対応

WordPress を新規インストールして諸々の設定を行っていると、パ...

記事を読む

no image

WordPressのお引越し!丸ごと全部移行メモ

JCOM の障害のあおりを受け、このブログも2日ほど世界から消え去って...

記事を読む

no image

mono-labさんのCUBICテーマでどうしても気になった点

2015年2月18日 追記 xhtmlのアウトラインぶち壊しててワロ...

記事を読む

新着記事

no image

【WordPress】WP Super Cacheで設定時に500エラーが出るときの対処法

WordPressのページキャッシュ用にWP Super Cacheと...

記事を読む

【Debian】mysqlのスロークエリログを取得する手順

VPSにWordPressをインストールしていると、キャッシュプラグイ...

記事を読む

no image

MIFES10でUWSCの予約語・キーワードを明示する

最近エディタにはMIFES10を利用しているが、UWSCの利用頻度が上...

記事を読む

no image

WordPressでメニューが文字化けする

WordPressでメニューを編集した際、保存を押すと文字化けが起きた...

記事を読む

no image

WEBサイトキャプチャーツール「CrenaHtml2jpg」が便利

WEBサイトのキャプチャを作成したい事は多々ある。 これまでは He...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS

  1. […] ではなく、この行それ自体をコメントアウトすることで対応できるっぽいことがわかりました。 […]




管理人にのみ公開されます

no image
【WordPress】WP Super Cacheで設定時に500エラーが出るときの対処法

WordPressのページキャッシュ用にWP Super Cacheと...

【Debian】mysqlのスロークエリログを取得する手順

VPSにWordPressをインストールしていると、キャッシュプラグイ...

no image
MIFES10でUWSCの予約語・キーワードを明示する

最近エディタにはMIFES10を利用しているが、UWSCの利用頻度が上...

no image
WordPressでメニューが文字化けする

WordPressでメニューを編集した際、保存を押すと文字化けが起きた...

no image
WEBサイトキャプチャーツール「CrenaHtml2jpg」が便利

WEBサイトのキャプチャを作成したい事は多々ある。 これまでは He...

→もっと見る

PAGE TOP ↑